ARZ DESIGN

コンセプト

もっと、できることを。もっと、すべきことを。

住まいづくりの目的は、家を建てることではありません。ご家族の想いを叶えることだと、私たちは考えます。

ひとつのご家族が育んでいく暮らしには、いろんな出来事や思いが、少しずつ紡がれていきます。

それらの時間を受け止める器には何が必要なのか。私たちは、今あるご要望をかたちにするだけではなく、

これから生まれる要望にも、先回りして応えないといけない。作り手は、もっともっと考えなければならないと思います。

住まいに、できることを。住まいが、すべきことを。

家づくりコンセプト

  • アーツデザインが考える「広がり」とは。

    アーツデザインの設計コンセプトは「面積では計れない広がりと豊かさ」。お客様のご家族に幸せな生活を送っていただける家をご提供していくことが指名であると考えております。私たちは、広がりが豊かさにつながるという考えの基に、広がりとは建物面積の広さだけでなく、上下の空間を広く感じさせる「吹抜」や、階段を利用して広さを創る「スキップフロア」、「ボク庭」を設け、より開放的な空間を演出するなど、設計上の工夫で広がりを創ることにこだわっています。

  • アーツデザインが考える「豊かさ」とは。

    空間に広がりができることで、家族間のコミュニケーションが育まれたり、プライベートの時間も過ごすことができるので、趣味を楽しんだり、お子さまの成長を見守ることができたり・・・と様々なライフスタイルを表現することができるようになります。
    その心のゆとりが「豊かさ」につながるのです。

施工事例

  • ゆったりとつながる落ち着く空間

    キッチンや庭、ロフトなどが吹抜けを介してつながる開放感のあるまどりです。
    内装はあまり多くの色を使わず統一感を重視し、シンプルでありながら落ち着きのある空間にしました。

    (2018.11)

  • 家具と雑貨を楽しむ

    吹き抜けとコの字型の造作キッチンがつながるゆったりとした間取りです。吹き抜けは落ち着いた板張りで、スチールの手摺で囲んだ中に複数のペンダントを落としました。キッチンはリビンング全体を見渡す位置に設けコンロ正面は庭と面しています。建築のコーディネートはシンプルに抑え、家具や小物が引き立つ様にしています。

    (2018.11)

  • 畳のリビングから庭を楽しむ

    吹き抜けの畳リビングに色々なスペースが繋がるプランです。

    水平方向にキッチンとボク庭の緑が、

    上にはスタディーカウンターと本棚が繋がり

    南側の窓からは明るい光が差し込みます。

    (2018.07)

スタッフ

  • Worker

  • Carpenters

  • Partners

会社概要はこちら

「白山市知気寺町」完成見学会のご予約はこちら